パーマを長持ちさせる方法

パーマproject

アイロンでパーマよりも綺麗なカールが出る

西洋人のようなゆるふわパーマ、我々東洋人にとっては憧れのヘアスタイルで、ヘアサロンで細かく希望を伝えてお願いする方も多いですが、どうしても理想とするカールが出ず、ちりちりになってしまうか、ほとんど当たっていないかで、高いお金だけを無駄にしてしまったと、嘆いた経験をされた方も少なくはないことでしょう。
何度も当て直しをしてもらうと、髪はどんどん傷んでしまうので、余計に綺麗なカールが出ないという悪循環に陥りやすく、理想通りのパーマに仕上げてもらうことの難しさを、実感されている方も少なくはないようです。
こんな悩みを持つくらいなら、ヘアアイロンを使って、自分で好みのカールを実現させることをお勧めします。
最近の家電製品は非常に性能が高くなっており、特に美容家電は目を見張る勢いです。
ヘアアイロンも、髪を極力傷めることがなく、美しい艶感のあるカールが実現できるようになっているので、スタイリングがバッチリと決められます。

パーマをアレンジしたい時に便利なアイロン

パーマは、いつも安定したヘアスタイルでいられますが、たまにニュアンスを変えたいときには、ヘアアイロンが便利です。
持続性が高いのがパーマですが、アイロンは熱の力で髪にクセをつけたりストレートに出来ます。
水に濡れるととれるので、ヘアをセットするたびに使う必要があります。
普段、パーマをしていても、ファッションによってはストレートにしたいときもあります。
このときにも、一時的にストレートにすることが出来ます。
ストレートにするときには、濡れた髪だと高温の蒸気が発生して頭皮が火傷する危険があるので、必ず乾いた髪の状態で当てます。
髪が傷んでいることもあるので、あまり高い温度にしないで、150度から170度が適温です。
髪の根元から毛先に向かい、静かに滑らせます。
適温ではなく高い温度で当てていると、パーマが弱くなって取れやすくなります。
ヘアを維持しながらストレートを楽しむときには、月に1度か2度ぐらいにしておいた方がよいです。
1台あれば、スタイリングの幅も広がります。

Favorite

モルディブツアーに行く

Last update:2018/6/28